カシスが効果を発揮し始める時間

通常、食べ物や飲み物をとっても、消化や分解に時間がかかります。栄養成分が効果を発揮するほどになるまでには、早くても1時間以上、ゆっくりしたものでは数日かかることもあるでしょう。

 

また、栄養成分がどの程度、どのくらいの時間をかけて効果を発揮するかには個人差もあります。ところが、カシスの場合は超即行で効き目が出てくるという説があります。ここでは、カシスが効果を発揮し始める時間について、お話します。

 

15分で実感?

 

カシスを研究している団体での実験結果として、カシスが体内に取り入れられてから効果を発揮するまでの時間がたったの15分だったという報告をしています。

 

もちろん個人差はあるでしょうが、15分で血液中にカシスに含まれるカシスアントシアニンが現れ、その後血流が良くなっていくのが見られたといいます。

 

しかも、1〜2時間後には、カシスアントシアニンの血中濃度は最大になったそうです。ブルーベリーでも30分くらいで効果を発揮し始めるスピードが称賛されていましたが、カシスはブルーベリー以上の速さで働きを見せてくれるわけですね。

 

ということは、不調を感じてからでも、カシスを摂取してそれほど待たずに効果に期待できることになります。こんなに早くに効き目を見せてくれる食品は、他にあまりないかもしれません。

 

持続性が長い

 

カシスアントシアニンの効果は、速さだけに特徴があるわけではありません。嬉しいことに、持続性があるのもカシスアントシアニンのメリットです。

 

実験では、8時間たっても血中にカシスアントシアニンが残っていたといい、その濃度は20%を超えていたというのですから注目です。サプリメントでも、他の成分ではそれほどの持続性を持つ素材は希少です。サプリメントでカシスを摂取するのも、大いに期待できそうですね。