カシスのアントシアニン以外の栄養

アントシアニンの含有量やパワーの強さだけで注目されがちのカシスですが、実はカシスにはアントシアニン以外の栄養も含まれています。

 

それも、幅広い栄養素が含まれていることから、スーパーフルーツに近い植物といってもいいかもしれません。ここでは、カシスのアントシアニン以外の栄養素について、お話しましょう。

 

カシスに含まれるビタミン

 

カシスには、ビタミンが豊富に含まれています。例えば、ビタミンCの含有量は、オレンジの3倍にもおよぶというほどです。

 

ビタミンCにも抗酸化力がありますから、アントシアニンとは相乗効果を発揮してくれそうです。実際、アントシアニンはビタミンCと一緒に摂取すると、さらなる効果に期待できるといいます。

 

ちょうどカシスにもビタミンCが含まれていますから、敢えてビタミンCをプラスしなくても完璧に出来ているわけです。

 

体内で必要なときにビタミンAに変わるとされるべーたカロテンも、豊富です。イチゴの4倍も含まれているビタミンEは、若返りビタミンと呼ばれているほどの抗酸化力を持っています。

 

カシスに含まれるミネラル

 

カシスには、現代人に不足しがちといわれるミネラルが豊富です。カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅が代表的なカシスに含まれるミネラルです。

 

若い女性にも増えているという骨粗しょう症を防ぐカルシウムは、歯の健康を保つためにも欠かせません。
カリウムは、むくみを改善するのに役立ってくれます。

 

牡蠣や牛肉に多いことで知られる亜鉛は、白髪予防や皮膚の健康をはじめ、様々な作用を持っています。カシスには食物繊維も多く、厚生労働省も摂取を推奨している食物繊維を気軽にとれそうですね。