カシスの持続力はどのくらい?

カシスには即効性があることが知られていますが、実は持続力も相当長いという実験結果が出ています。
早く効いて長く持ってくれるなんて、嬉しいですね。ここでは、カシスの効果持続力について、お話しましょう。

8時間以上の持続力

 

カシスの研究を進めている日本の団体での実験結果によると、カシスを摂取した人の体内では8時間以上たってもカシスアントシアニンが残っていたといいます。

 

しかも、ちょっと残留していたというわけではなく、20%以上の濃度で残っていたというのです。カシスアントシアニンの効果は、摂取から15分もすると血中に現れ始めるといいます。

 

1時間もすると血液循環が最大に向上し、それから8時間以上たってもカシスアントシアニンが体内に残っていたというのですから、凄いパワーです。

 

抗酸化力を持つ成分では、ビタミンCやビタミンEが有名です。しかし、ビタミンCは水溶性のため、一定時間を過ぎれば使われなかった分が排泄されてしまいます。

 

また、ビタミンEは油溶性ビタミンのため、過剰な摂取が禁物です。このことから考えても、カシスは気軽に摂取できて他の植物よりも持続力に期待できる植物といえるのではないでしょうか。

 

持久力が出るカシス

 

カシスを摂取してから運動した人の実感を聞くアンケートでは、運動後の筋肉疲労回復効果の他にも運動している間の実感を得られたといいます。

 

実感したパワーというのは、持久力や集中力だというのです。運動でもこれらの力を発揮できるのは助かりますが、勉強や仕事をしていても持久力や集中力は大切ですよね。

 

このような働きに期待できるカシスは、サプリメントでも便利に摂取できるようになっています。勉強や仕事の前に、カシスをとる習慣を始めてみるのもいいかもしれません。